ご予約はインターネットから。予約サイト

グループサイトの使い方案

グループサイトのサイズ感や使い方で質問が何度かありました。そこで、レイアウト案をいくつか御提案(あくまでサンプルなのでこれにこだわる必要はありません)

オーソドックスなスタイル(車3台、3家族、テント2張り+ぷちグランピング)

オーソドックスなレイアウトです。車3台3家族で利用し、2家族は自分のテントを1家族はぷちグランピングを利用するスタイルです。左は「ことり」サイト、右は「たぬき」や「しか」のレイアウト案です。

ぷちグランピングにキャンプ道具を持っていない家族が泊まり、それ以外に2つテントを設置し、広々とサイトを利用するイメージです。

オーソドックスな使い方でもかなり余裕をもって使えます。また、各テントが余り大きくないサイズであれば、もう一家族くらいは詰めて入れるとおもいます。

奥様はぷちグランピングスタイル(車4台、4家族、大型テント2+ぷちグランピング)

家族後とのテントでは無く、女性はぷちグランピングで就寝し、お父さんと子供達がテントで泊まるスタイルです。

テントを家族単位としないため、テントの数が少なく済む事もあり、4家族での利用も可能だと思います。

ぷちグランピングは悪天候時のリビング(車3台、3家族+テント3+ぷちグランピング

天候が変わりやすい時期のキャンプでも、ぷちグランピング内のコットを取り外して(事前にご連絡いただければ取り外しておきます)リビングとして利用するようにしておけば、雨が降ってきたら子供達が遊べるスペースを確保!さすがに4家族全員は中に入れないと思いますが、子供が寝た後の大人の時間用スペースとしての利用も可能です。(テント内は火気厳禁のため調理はデッキの上かタープの下で実施してください。)

直火OKエリアの砂利の上にテントを張れば、テントはもう一つ張れるかも、お持ちの装備によって色々ご検討ください。(車を外に出すことを考えないなら、車を直火OKエリアに止めてしまう手もあります)

アウトドアで雨の入らないスペースがあると重宝します。寝るためのテントと考えずに、グループ共有のドライルームとして利用する方法も!

形にこだわらず、広いスペースとサイトを自由に使っていただければと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物