ご予約はインターネットから。予約サイト

カブトムシハウスを作ろう

大多喜わんぱくキャンプ場では、まだ、カブトムシもクワガタも捕れた人がいません。クワガタはふと見ると地面を歩いていたりするのですが。。。クヌギの木が周りに無いからかも知れないので、木は植えていこうと思うのですが気の長い話なので、カブトムシが卵を産んでくれるようにカブトムシハウスを作ることにしました。

適当な角材にチェーンソーで溝を掘ります(溝はこんなにたくさんいらなかったのですが、、)

試しに組んでみて大きさのイメージ確認!

回りに、木材で壁を張っていきます。(見覚え有る方いらっしゃいますね、はい、キャンプ場の薪です)

前面には溝を使って板をはめ込むようにしてハウスは完成。

じゃんじゃんおがくずを入れていきます(本当は少しずつ入れて、水をかけながら長靴で踏んづけたりすると早かったのですが、忘れていました。)

これで完成、雨に当てて、水をかけてしながら、おがくずがいい感じに発酵するのを待ちます。発行に1年、卵を産んでもらって育つのに1年、早くても再来年ですがカブトムシ取れると良いなぁ。たくさん育って、子供達が喜んでくれることを期待しつつ、おがくずを育てていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物