「新しい生活様式」に向けて

緊急事態宣言が解除され移動の自粛も解除されましたが、ワクチンもまだ無い中「新しい生活様式」への適応がキャンプ場へも求められています。
大多喜わんぱくキャンプ場でも方針を定め、「新しい生活様式」に適用しつつお客様が楽しんで行けるようにいろいろと変更していこうと思います。

グループサイトの当面の閉鎖とオートサイトの強化

昨年の9月10月の連続の台風で一度は諦めたオートサイトへ向けての取り組みを再開します。具体的には、オートサイトへ個別の流しを設置します。
また、雨の日などは、個人のテントやターブの下では、BBQなどはできても焚き火は火の粉も気になってなかなかできません。雨の日でも焚き火が楽しめるように、一部に屋根を設けます。
※グループサイトは閉鎖しておりますが、複数サイトをご予約いただいてのキャンプは7月から受付しております。

各ぷちグランピングに薪割り火遊び道具を設置

7月の連休を目標に、現在の共有の薪割りスペースに設置されている楔やのこぎり、火遊び用のファイヤースターターなどを個別のぷちグランピングサイトに備品として設置します。これにより、共有スペースで順番待ちしながら薪割りせずに各サイトで薪を切ったり割ったりして火遊びを楽しめるようになります。(キンドリングクラッカーやハンドスプリッターなどの大きな薪割り道具は今まで通り共有スペースに設置となります。)(7月の連休までに実現予定)

ペアサイトの廃止とぷちグランピングにワンちゃんエリアオプションを用意

大多喜わんぱくキャンプ場はペット同伴OKとして運営していますが、ぷちグランピングサイトではワンちゃんがゆっくりするスペースがあまりありません。
そこで、ぷちグランピングサイトの横のペアサイトでデッキサイトとしていたところを

8m✕7mくらいの柵で囲い、芝生を植えて、専有のドックエリアとしドックエリアオプションをお申し込みのお客様の専用スペースとして用意します。この中ではワンちゃんもリードを外して過ごしていただくことができます。
また、これに伴い、通常のぷちグランピングはペット不可となる予定です。(8月末完成予定)

ソロサイトを開拓

大多喜わんぱくキャンプ場は3000坪の敷地があります。でも、今キャンプ場に使っているのは1000坪、残りの2000坪は山なのです。
この山に山道を作り、林間キャンプを楽しめる「ソロ」「デュオ」サイトを作ろうと思います。わんぱくキャンプ場とは路線が異なるため、別のキャンプ場として予約受付するかもしれませんが、木に囲まれ、階下に子どもたちのキャンプ場を望む素敵なソロサイトを作りたいと思っています。(来年前に完成目標)

この他にも引き続き色々と強化していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物