ぷちグランピングの備品を改めて

※梅雨に向けて、備品の収納方法を一部変更しています。(置き場所がわからないときはスタッフまでご質問ください)

ぷちグランピングサイトは、土日1泊のキャンプや初めてのキャンプを楽しめるように、食べ物・飲み物・着替えを持ってくれば本格的なキャンプを楽しめるようにすることを目標に整備を進めてきました。整備の過程で追加したり削除した備品もあります。

そこで、今日は、ぷちグランピングの備品を整理して掲載したいと思います。ちょっと長いですがいらっしゃる前に気になっている方もいるかと思いますので参考にしてください。

デッキ上木箱の中に入っているもの

デッキの上の木箱の中には、アウトドア用の椅子、リクライニングチェアが収められています。

サイトに用意されている調理器具など

その他消耗品や備品

その他の備品

その他に、デッキの前には、

  • かまど
  • キンドリングクラッカー(薪割り道具)
  • カケヤ(薪割り道具)
  • 焚き火台
  • リクライニングシート(1つ)
  • 丸太の台3つ

デッキの上には、

  • 流し(給湯あり)
  • 七輪
  • 木の台
  • 木の椅子つきテーブル
  • 冷蔵庫
  • クーラーボックス(2リットルのペットボトルを凍らせて入れてあります)

があり、流しには

  • 洗剤
  • ハンドソープ
  • スポンジ
  • たわし
  • 金たわし
  • 雑巾

が用意されています。

テントの中

テント内には、

  • 簡易冷房
  • 電気ファンヒーター
  • 石油ファンヒーター(冬期)
  • 靴置き(人数分)
  • アースノーマット(冬期以外)

が用意されております。

寝具

寝具として人数分

  • コット(アウトドア用のベット
  • 寝袋
  • 電気敷毛布
  • シングルの毛布(最低気温が5度を下回る予報の日)

がついています。

どうでしたでしょうか、この他、ダッチオーブンやピザ窯、ホットサンドクッカーなどの特殊なものも別途オプションでご用意があります。初めてのキャンプでも楽しんでいただけるよう今後も必要なものがあれば用意していこうと思います。大抵のものは揃っていると思いますので安心してご利用ください。

また、テント内は暖房や寝具も充実しているので、冬も焚き火キャンプを楽しめます。焚き火は11月〜2月がおすすめですよ!虫もほとんどいないので虫が嫌いな人も楽しめます。

LEAVE A REPLY

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物