ご予約はインターネットから。予約サイト

地面をどうするかを検討する1

地面をどうするかを検討する1

私はキャンプ場は設備も重要ですが、何より重要なのは地面だと思っています。水はけは良いか、必要以上の傾斜はついていないか、石などがあって寝ごごちが悪いのは最悪です。大多喜わんぱくキャンプ場では色々考えて軽グランピング(後日どういうものかまとめます)サイトはウッドデッキ、テント持ち込みの普通のオートキャンプサイトは芝生にすることに決めました。

さて、実際の土地を見ながら芝生の地面を目指してゆきます。

購入時の地面はこんな感じです。

わかりにくいですが、砂利と粘土質の土が混じった感じで、雨が降ると水たまりが出来ていつまでも水たまりが消えません。いろんな人に聞いたところ

  • 芝生にしたいなら、土地の表面を転圧して水が貯まらないようにすること(地下浸透よりこっちの方が重要)
  • 年度については、砂利を入れるなどして地質は改善した方が良い
  • せっかく排水があるので発酵させて肥料にしてはどうか

という話をいただきました。そこで、そのまま整地は為ず、まず、溝を掘って砂利を入れ、肥料を流すためのトレンチを配置、同時に水はけを改善すると言うことにしました。

まずは溝掘りです。ユンボをレンタルして一生懸命掘りました。

畑か?!と思うほどになりました。(元の平地に戻るか不安ですが作業をすすめていきます)

建材屋さんから砂利を大量に購入(最終的に100立方メートルくらい買いました)

トレンチに利用する、暗渠配管も700メートル分

いやー、大変でした、700メートルの暗渠と写真を撮り忘れましたが透水シートを設置します。やー頑張りました。

こんな感じに700mです。これで土地全体の下にトレンチが引かれ、若干排水も改善しました。こいつに肥料などを流す配管をつないでいきます。

ここから土地全体に肥料を混ぜた砂の層を作っていきますが、それは次の機会に、ここまでで背中にかなり筋肉がつきましたw

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物