ご予約はインターネットから。予約サイト

住所の登録と車庫証明の話

住所の登録と車庫証明の話

土地が自分のものになって最初にやろうとしたのは、車の購入でした。現在は車を持っておらず、大多喜では車が無ければちょっとした買い物も出来ません。車を買うには車庫証明が必要ですが、大多喜で車庫証明を取りたかったので色々と準備を進めました。
念のため書いておくと、週の大半を大多喜ですごすため、大多喜で車庫証明を取得するのは現実の使用地ですので問題は無いです。

さて、車庫証明は、使用者の住所の近くでないと取れません。このため、今回車は、所有者、使用者共に会社にしました。ここで疑問だったのが車の保険は契約者、被保険者を個人にすることが出来るのかということです。(実質私しかのらないので会社で契約すると金額が高いため)
知り合いの保険会社の人に聞いたところこれは問題無いとのことでした。

さて、いよいよ車庫証明の準備を進めます。ネットで調べると

  • 事務所にあたる建物が必要
  • 本来は公共料金の領収書が良いが、住所に届いた郵便物でも通ることがある。(その場合、事業を実際に実施している事を証明する必要がある場合がある)

との事でした。事務所!ということでプレハブを買いに行きます。中古で探してプレハブを購入

運良く状態の良い中古を見つけました!しかも冷暖房付き!(これを執筆している現在電気が来ていないのでまだ活躍していないです)

郵便物が届くように、ポストも設置!

あれ?郵便物って勝手に届くようになるんだっけ?ということで、郵便局へ問い合わせると届け出が必要とのこと、郵便局に届け出に行き、配達の担当の方に地図で場所を説明して、空の封筒に住所を書いて投函!
届きました!これが大多喜わんぱくキャンプ場の最初の郵便物(宅急便は別として郵便物はその後まだ来てないですがw

 

担当の警察署へ!とその前に、事業を実施している証明書類が必要となることがあるとのことなので、今回は土地を農地転用したので転用許可書のコピーを添付しました。(これ、転用していない場合どうするんだろう。。。。)

ということで無事、現在、車で車中泊しながらこの投稿を書いています。車間に合って良かった。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物