ご予約はインターネットから。予約サイト

冬の車中泊のすすめ

困りました、電気が来ません、予定では1月中には電気が来て、今頃は冷暖房完備のプレハブの中で寝ているはずだったのに、、、ということで、冬の作業を車中泊で行う事になりました。(テントを張るスペースは資材で埋め尽くされている)そこで、車中泊の状況をご報告

なんと言っても寒いです、1月は1年で大多喜が最も寒い時期だそうです。

バケツにもものすごい厚い氷りが張っています。そして、1日中とけませんw、なので、車中泊といえど、冬山キャンプを想定した装備で臨みます。

まずは車の下からの冷気を押さえるためにインフレーターマットを引きます。

その上にコット(キャンプ用のベット)さらにその上にインフレーターマットを引きます。

その上に下限温度-25度の寝袋をセット

それでも寒かったときの念のために、バッテリーと電気毛布も準備

でも、暖かいのは、この2つ、湯たんぽとハクキンカイロは手放せません。

最後に、雨などで外で火を使えないときのために、電気ポットを用意して、

車の窓をカーテンで目隠しと冷気の軽減対策をしたら完璧!

あ、そうそうこれ忘れないように、車がもしエンジン掛からなかったときのために、バッテリースターターです。

でも、早く電気来てほしいです。。。。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物