12月ご予約受け付け開始しました。予約サイト

ぷちグランピングサイトのこだわり

サービス名を悩んだ末に「ぷちグランピング」としていますが、いわゆるグランピングとは異なるサービスになります。今回はぷちグランピングサイトへのこだわりを書いてみます。

1.誰のため?

コンセプトとして、お子さんをつれて、初めて(あるいは、まだ、慣れていない)キャンプに行く家族が、1泊でも楽しめるキャンプをイメージしてサービスを作っています。

2.グランピングとの違い「ベットでは無くコット」

普通のグランピングは、テント内にベットがありおしゃれな家具などで雰囲気にかなりこだわりを持って作られているところが多いと思います。「ぷちグランピング」では小さい子供を連れて、出来るだけ、楽しめる事に重きを置いていいます。子供は注意しても、飲み物をこぼしたり、おねしょしてしまったり、思いも寄らない遊び方を発明したりします。そこで、「ぷちグランピング」では、寝る場所はベットでは無くコットを採用することにしました。ハンモックのような寝心地で非日常を体験でき、汚れても水でごしごし洗えるので、子連れでも気軽に楽しめます。(もちろん、できるだけ綺麗に使ってくださいね)

3.グランピングとの違い「炭火BBQではなく、カセットコンロセット」

「ぷちグランピング」で標準でついている設備は炭のBBQではなく、カセットコンロ場で網焼きや焼き肉を楽しめるセットをご用意しています。慣れるまでのキャンプでは、屋外での調理は大変です。カセットコンロでの器具も最近はかなり充実してきており、まずはキャンプ初心者むけとしてそれらで外でご飯を食べる楽しみからスタートしてもらおうと考えています。
※炭のBBQもお客様の様子を見て、順次オプションを充実させていきたいと考えています。

4.冷蔵庫

1泊のキャンプでは、なるべく道具を持たずに手ぶらでキャンプ出来た方が、出かける前の準備や帰ってからの片付けが少なく、前日や翌日お仕事のお父さん、お母さんも無理せずに楽しむことが出来ると考えました。そこで、テント内に大きくは無いのですが冷蔵庫(46リットルのワンドア冷蔵庫)を設置してあります。生ものや飲み物などを冷やすのに使っていただければと思います。

5.冷房(冷風機)

子供は昼下がりにお昼寝をします。私も子連れでキャンプに行く際、子供が寝られる場所を確保する必要がありました。もちろんテントを開けて風は入れるのですがそれでも熱中症は心配です。テントは布ですので冷房をかけても日中はキンキンに冷えることは無いのですが、テントの窓を開けて風を入れつつ、冷風を子供達の上の方に出してあげれば、安心して昼寝をさせることが出来ると考えています。もちろん寝苦しい夜も涼しく寝られますし、子供の昼寝以外の用途にもご利用ください。

6.ほぼ手ぶら

「ぷちグランピング」サイトを楽しんでいただくために、最低限持ってきていただく必要があるものは、

・飲み物、食べ物、調味料
・着替え、タオル、歯ブラシ
・飲んでる薬、保険証、丸乳
・虫除け、日焼け止めなど(山用の蚊取り線香はご用意します)
・寝袋または季節によりタオルケット(寝具のレンタルも検討しておりますが、肌に触れる物なので基本は持参いただこうと考えています)

後は、基本的にそろっているというサイトです。複数のサイトを借りてグループで楽しまれる場合は、その他に隣のサイトに行って座れるイスなどもあると良いかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物