9月10月プレオープンご予約受け付け開始しました。予約サイト

雨の日のキャンプ場の仕事

雨が降ると、キャンプ場の整備の仕事はほとんどできなくなります。でも、雨の日にしか出来ない事がたくさんあります。今回はその一部をご紹介。

1.サイトの芝生の雨の時のコンディションはどうか。

昨夜から今朝の雨は結構な雨量でした、そう言う時はサイトの芝生の状態を見回りします。

連日雨だったりすると、少し緩むこともあるのですが、このくらいの雨なら、芝生に水たまりなどが出来る事はありません。

2.川の増水などをチェック

川遊びは当キャンプ場のメインの遊びの一つです。雨の後の増水具合などを見ておく必要があります。

深いところは濁りがありますので、落ちたりしたら危険かも知れません。深いところには近づかないようにする必要があります、また、万一のために、ライフジャケットは必須です。川遊びする流れのところは普段とほとんど変わらない感じでした。

3.雨の日は草むしり

雨の日は、雑草が抜きやすくなるので草むしりをします。本当はすべて取ってしまうと楽なんだと思いますが、雑草の中に、バッタやコオロギなどいろいろな昆虫が生息するので、芝生に掛かった雑草だけを抜いていきます。

こんな雨の日は、ちょっとしたキャンプ場内や草むらにもカニが出ることがあります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

特集

私がキャンプ場を作り上げるまでの、困ったことや気付いたことを順次掲載していきたいと思います。
レンタル用に検討しているアウトドア用品などを紹介します。
おやじのアウトドア食生活を公開
キャンプ場で見られる生き物